テープ始末ステッチ

・裏バインダーステッチのように縫い代を始末する

 使用だが、こちらの方が薄く出来る。


①表面にバイヤステープか共布のバイヤスに裁断された

 ものを二ツ折りにしたものを縫い付ける。

 輪になるものは写真のように縫い付ける。

 この時、テープを少し引き気味にして縫い付けると

 綺麗に仕上がるが、引きすぎるとテープが痩せるので

 注意する。

②テープ付けが一周したら裏面に折りステッチをする。

 この時、ステッチがテープから落ちないように

 注意する。


 また、裏面に控えるように折ると表から見た時に

 綺麗に仕上がる。

ファスナーステッチ


フラットニットなどの普通ファスナーのステッチ


①前工程で裏地にファスナーが付けられ、衿ぐりの

 合わせがしてある。


②表を裏に付けるようにファスナーテープにステッチで

 留める。



③左側は折り目に対してコバステッチ

 右側(かぶってくる方)は指示された幅のステッチが

 かかる。


注意点

 ・ステッチが裏地にのらないようにする。


 ・右側のステッチをする時にファスナーが見えないように

  重ねぎみにしてステッチをかける。

二ツ折りバインダー

①直線縫いミシンの押え金を二ツ折りバインダーに

 替える。

(写真のバインダーは7㎜で折ってコバステッチが

 かかるもの)

②布を表が見えるように奥まで入れる。


③布が均一に折られるように常に奥まで入れ込むように

 アシストしながらステッチをかけていく。

シャツカラー 見返し・衿 合わせ

シャツカラーにおいての身頃・見返し・衿の合わせ


①衿付け止まりから衿を仮止めする。

 この時、前立てからの距離を同じにすること。


②見頃と見返しを合わせ、前立て・衿ぐりを縫う。

 肩のノッチを合わせて、肩の1cm手前のノッチまで。


③見返しと内衿のノッチを合わせて縫う。

 ノッチがずれると縫代を止める時にずれが生じるので

 注意する。


④身頃と外衿のノッチを合わせて衿ぐりを縫う。


⑤左側も同様に縫う。


シャツカラー 衿ぐりステッチ

①衿ぐりの縫い合わせ切り替えの所の縫代に切り込みを

入れる。


②衿側に縫代を入れ込みながら外衿側からステッチをかける

(落としの場合やコバステッチの場合もあるので、

 サンプル・パターンを確認する)

内衿側もコバステッチがかかっているくらいになると良い。

パンクに注意する。

                 

                 ③見返しを肩の縫い代に止める


袖口 本開き裏付け


縫う順番

①縫代1cmで中間からあき側の端まで縫う


②裏地の控え分0.5cmを確保するため3cm間

くらい1.5cmで縫う


③折り目と切り込みを合わせ、1cmで表地の

縫い止まり(★)まで縫う

④表・裏の縫い止まりを合わせ、地縫いに沿って

とじをする。その後、裏地に切り込みを入れる


⑤切り込みから下を1cmで縫う

裏の控えが確保されるように1.5cm


⑥裏地を表に合わせ、1cmで中間くらいまで縫う

ゴムシャーリング

シャーリングのシャツブラウスでやる作業

前・後のヨーク付け、袖下縫い、脇入れをシャーリングする

 

①仕様書・指図書を見て、シャーリングの寸法を確認する。

また、パターンを見て縫い代を確認する。

 → 寸法 + 縫い代分の長さに上げる。

 

②ミシンの下糸巻きで、シャーリングゴムをボビンに巻く。

ボビンケースの調子をゆるめて、ゴムの強さを調節する。

上糸は地縫い糸を使う。

 

 

③縫い始めは下糸をひき出してから、返し縫をし

終わりは返し縫をしたら次に備えて糸をひき出して

小ばさみで糸を切る。

 

④ゴムが出る面が裏側になるようにする。

 

⑤作業が終わったら作業箇所の長さを測り、上がるべき

長さになっているか確認する。

上衿ワイヤー入れステッチ

シャーリングブラウスの衿に用いられる。


☆ワイヤーについて

 各サイズの寸法に合わせてワイヤーを折り曲げ

 両端にチューブをつける。


 ステッチをかけた後にワイヤーが中で少し余る

 くらいが上衿がピンと張ってキレイ!になる。


☆ワイヤー入れST(ステッチ)

 上衿を地縫いし、衿返しアイロンを済ます。


 ワイヤーは上衿の裏側に入れる


←ワイヤーがこの向きになるように


 台衿付けをした時に地縫いがチューブの上に

 くるようにしっかり奥まで入れて仮止めをする。


衿返し

①衿の表と裏をパターンを見て確認する。

 与板大丸のルールとしては、芯地が貼ってあって

 C・B(センターバック)の切り込みが1つの方が

 表になることが多い。


②角をカットして縫い代を倒して裏にして控える。

③台衿は型紙を使って、裏側に折る。


 与板大丸のルールとしては

 ・ブランドネームを付ける方が内台衿

  (C・Bの切り込みが1つ)

 ・アイロンで折る方が外台衿

  (C・Bの切り込みが2つ)

 になる。

台衿の衿付け

①前立てを合わせ、目打ちで穴をあける。

 縫い代を確認して穴が衿を付けた時に隠れるような位置に

 あける。

 この作業は出来上がった時に前立ての段違いを防ぐため    

 である。

②左上衿側の肩の位置あたりから縫い始める。

ほとんどの場合 台衿に沿ってコバステッチがかかるが仕様書・指示書・パターンを確認すること。

③身頃を台衿に挟む。

前立てがズレないように印をした穴を目安に入れる。

 

④続けてステッチをかけていく。

途中台衿から身頃が抜けたままステッチがかからない

ように注意する。(パンクに注意)

⑤肩線やヨーク線の合い印やCBの合い印を合わせながらステッチを続ける。

*特にCBの合い印がズレるとネームもズレてしまうので要注意!

 

⑥縫い始めに重ねて返し針をして糸切りをする

 

☆注意点

 ・パンクに注意する

 ・ステッチが落ちないようにする

 ・縫い始め、終わり以外に返し針があるとキレイではないので

  やり直すのが望ましい

 ・衿先の部分は目立つので返し針は必ず避ける

ネーム付け

①ブランドネームがどこに付くか?パターンを見て

良く確認する。

ブラウスの場合は基本的には内台衿に付く。

ワンピースやジャケット、コート等は、ブランドに

よって違うので、パターンやサンプルを見て確認する。

 

②ネーム付けのゲージがあるので、ゲージの型紙を使って

曲がらないように縫う。

 

               四方たたきつけと、両側だけ縫う2通りの縫い方がある。

 

サイズネームがある時は、ネームにはさみ込んで

数字が隠れたりしないよう気を付ける。

 

上糸と下糸が違う場合は下糸が表に出ないよう

下糸を強くしたり上糸を弱くすると良い。

 

☆ 注意点 ☆

   ☆ ブランドネームはそのブランドの顔です!

 

       きれいに付けましょう!

 

 

三ツ巻きバインダー

☆ 準備 ☆

●三ツ巻きについて

 シャツブラウスの裾始末やワンピース・スカートの

 表地・裏地の裾始末に用いられる。

 

●バインダー授受一覧表に、氏名・貸出日を記入する

 (返却する際は、返却日を記入する)

 

 

●直線縫いミシンの押え金・板・送り歯を替える

 

 

☆ ラッパの使い方 ☆

* 写真では0.5㎜の三ツ巻きバインダーを使用

 

アタッチメントに布を通すことで三ツ折り端ミシンが

アイロンで折らなくても出来る。

 

 

●三ツ巻きの入りは手で用いるバインダーの幅と同じに

 なるように折ってステッチをかけ始める。

 

●3cmくらい縫い進み、バインダーに布を通す。

 

●この時、中でねじれたり巻き込むのが少なかったりすると

 パンクしてしまうので、きちんと三ツ折りになるように

 気を付ける。

 

●バインダーに通せたらバインダー近くの布を中に押し込む

 ようにし手前の布を少し張りぎみで、内側に巻くように

 アシストするように構えステッチをかける。

 

●脇線などハギ目がくる手前8cm~10cmくらいで一度バインダー

 から布をはずし、縫い代の倒し方向に気を付けながら、手で

 今までと同じ幅になるように折り、ステッチをかける。

 

●再度バインダーに布を通し、次のハギ目や縫い終わりまで

 ステッチをかける。

 

●縫い終わりは始めやハギの部分と同じように手で折りステッチを

 かける。

 

 

☆ 注意すること *

  

   ●パンクに注意する

 

   ●縫いずれに注意する

 

   ●カーブ部分は下になる布を引っ張りながら進めると良い

 

 

 

カフス返し

①表と裏 何cmで折るか?控えはどのくらいか?を

 パターンやサンプルを見て確認する。

 

②アイロンをかける前に角を2㎜くらい残してカットする。

 

③表側をその寸法で折る。

 

 

 

④裏側に返して控えを出す。

 コバSTがかかる場合はあまり控えを出さない方がいい。

 

⑤裏側のでている部分を折って中に入れる。

 

*角を切るのもあれば、切らずにそのまま返す場合もある。

 

 

 

 

四ツ巻きバインダー

☆ 準備 ☆

●仕様書・指図書やパターンを見て、使うバインダーの幅を

 確認する。 

 

 

●バインダー授受一覧表に、氏名・貸出日を記入する

 (返却する際は、返却日を記入する)

 

 

●直線縫いミシンの押え金・板・送り歯を替える

 

☆ テープについて ☆

●共布をバイヤス方向か縦地方向にテープ状に裁断した

ものを接ぎ合わせたものを使う場合と裏地などのテープ

が巻きで届いたものを使う場合がある。 

 

●共布を接いで使う時のテープの接ぎ方

 上下の糸を別な色にし、上糸の面が表になるようにする。

 上糸の色を最初の紙に書くと良い。

 

 

 

 

 

☆ ラッパの使い方 ☆

●裏面が見えるように入れる。

 

●テープをラッパに入れる時、隙間から目打ちを使って

入れ込むと良い。

 

●針が落ちる所がテープに対して適切な所にくるように

ラッパの位置を調節する。

 

●ペダルを踏み縫っていくと送り歯に奥の方向に送られて

いくが、進みが悪い所は縫われた方を軽く引き補助して

やると良い。

 

●テープだけを縫うとヒモが出来る。

 

●テープの間に身頃を挟みながら縫うとパイピングが出来る。

 

 

   * パンクに十分に注意すること *

 

   → パンクしてしまったら、ラッパを少し針に近づける

     ように再度調整する。

 

 

 

 

2014.04.14

今年度の新卒日記は今まで学んだことをUPして

行きたいと思います。

 

それぞれわかっていることもマニュアルのように文字にしたり、

するともっと理解できると思います。

 

得意分野、苦手分野も勉強してUPして行きます。

 

 

アパレルモノヅクリポータル
アパレルモノヅクリマッチング

会社情報

与板大丸有限会社

〒940-2402

新潟県長岡市与板町与板1297-1

TEL:0258-72-2148

FAX:0258-72-2150