① 生地を選びましょう

2人で色違いの柄の生地にしました!

 

 

        ポイント!

         模様がドットや横線もあり

         柄を生かして作成できそうです ☆

② パターンチェック

 ①パターン(型紙)の寸法が仕様書の寸法と

 合っているか確認します。

 

  ・着丈、袖丈、バスト、ウエスト、肩巾など…

 

②パターンが間違いないかどうか確認します。

 

  ・縫い合わさる部分の寸法があっているか?

  ・ノッチの位置があっているかどうか?

  ・縫い代は間違っていないか?

  ・地の目の表示はあるか?

 

③必要なノッチに切り込みを入れます。

 パターンのダーツの印に穴を開けます。

 パターンのポケットの位置に穴を開けます。

 

 

       ポイント!

       ノッチを付ける際、カフス裏は

       V の切り込みを入れます。

 

③ 裁断

① 延反 (えんたん)

下敷き紙をしいて、布を広げます。(新聞紙も可)

 

 

   ポイント!

     布を台にきれいに広げるには…

     →地の目の縦or横にそって、指でなでて

      のばすと よれが無くなります。

   

   ポイント2!

    下敷き紙があると、布が切りやすい

    ひっかかりにくい!

 

   

 

② マーキング

生地の上にパターンをのせます。(地の目にあわせて)

 

このシャツは前身頃の方が長いので、柄の位置を決める時は

場所に注意して、先に前身頃を並べます。

 

カフスは表裏×2枚 とる。

 

 

 ☆地の目を合わせています
 ☆地の目を合わせています

柄は、タテ・ヨコがあるので、チャコで印をつける。

 → 切っていると動いてしまうので。

 

チャコでポケット・ダーツ穴の印もつける

 

 

 

   ポイント3!

    布の表裏がわからなくなったら…

    →生地の耳(両端)に針穴がプツプツあいている事あり

     表から針を刺すのできれいに開いている方が表です。

 

型入れ 用尺 265cm (ポケット・ケンボロを柄に

したかったので、広く取りすぎました)

 

 

 

③ 裁断します。

 

同じ方向に切っているとずれてくるので注意

ノッチ切り込みも一緒に切っておく

 

 

 ☆ 印付けをしています
 ☆ 印付けをしています

 

ヨークの裏表がわからない時!

 →このブラウスの場合は、柄・地の目を見るとわかる

 

 

アパレルモノヅクリポータル
アパレルモノヅクリマッチング

会社情報

与板大丸有限会社

〒940-2402

新潟県長岡市与板町与板1297-1

TEL:0258-72-2148

FAX:0258-72-2150